2008年09月05日

登山の心得

 昨日もまたブログをお休みしてしまい
あいすみませんたらーっ(汗)
 なぜだかわかりませんが、9月になった途端
私の仕事(不動産)が急に忙しくなってしまい
残業をやるのが嫌なもので(早く帰りたいのと
残業代が出ないのとで・・アハハあせあせ(飛び散る汗)
朝の8時前から出社し、一日中休む暇もなく
珍しく仕事をしていましたら、久しぶりの
目のまわる忙しさに、帰ってお風呂にご飯を
食べたら、バッタンキューでしたあせあせ(飛び散る汗)
 景気悪い話ばかりなので、少しは
良くなってくれないかしらねえわーい(嬉しい顔)

 ところで、先物取引を始めてから
3年を過ぎたのですが、やればやるほど
次から次へといろいろなことが
出てきて、知らないことや手法や
まだまだあるんだなということがわかり
確かに奥が深いなと思うのですが
なにしろ、儲けようと思ってやっているので
儲かっていないとおもしろくなくなるのですダッシュ(走り出すさま)

 そこで、関心を持ち続ける精神力が
結構大切だなと思うようになりましたあせあせ(飛び散る汗)
やっぱり、儲からないと
もう投げちゃおうかなと思ってみたり
もっと儲かる投資に移ろうかなと思ってみたり
・・でも、何かの本に書いてありましたっけ
一極集中で儲ける・・あれこれやるより
一つのことを極めるのが極意ってことでしょうかねえexclamation×2

 それと、最近特に思うのですが、
人間て辛いことが続くと
その状態に慣れてきてしまう習性があるようで、
損が続いていると
その状態でも平気になってきてしまうものですexclamation×2
ただ、持ちこたえればもちろんいいのですが
損切りは早く利は伸ばせ・・と言うらしいのですが
これが、損続きになると
逆になってきてしまうんですちっ(怒った顔)

 つまり、損切りが遅れてしまったために
そのまま持っており、別ので利が乗っていても
すぐ利食って下りてしまうのですあせあせ(飛び散る汗)

 その時の心情を分析すると、
プロの人は、もちろん違うのでしょうが
私のような素人は、損は仕方ないので
他の利を少しずつでも乗っけていって
増やしていけば、そのうち損の幅が
縮むと思ってしまうのですが、
これが、やっぱり上手くいかないのですねふらふら

 最近、私が思ったことは
長い距離の山を少しずつ登っていく感覚で
やればきっと上手くいくのだろうなと思うのです黒ハート

 それは、到達するのはもちろん投資が
終了する時ですダッシュ(走り出すさま)
 そして、長い長い道のりを一歩ずつ
踏みしめて登っていくように行くのですダッシュ(走り出すさま)

 滑落し、山の下まで落ちないように
万が一、雨や嵐が来た時にはリバークし、
時には、少し下へ下がりながら休憩も入れ
また一歩ずつ登っていくのですたらーっ(汗)
決して、慌てずしかし確実に
何度危険なことがきてもその時は
身を潜め、でも確実な一歩を踏み出すどんっ(衝撃)

 この心意気が、相場にはとっても必要なのだなと
思っていますどんっ(衝撃)
 なぜなら、私はすぐ慌ててよく失敗するからですどんっ(衝撃)
確実に登っていくには、まず
安全な道を探し続けていくのですどんっ(衝撃)
その安全な道を探すよりは
すぐ近道をしてみたくなるのです、私の場合は・・
しかし、近道をしたおかげで、また下の方へ
滑落してしまう・・といった具合だからですどんっ(衝撃)

 何となく、上記のような考えが
本当は、高い山を登りきるには
最短距離なのだろうと感じている私であります揺れるハート
posted by みわおばちゃん at 21:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 投資のチョイ心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めて投稿します。

すごく内容の濃いブログですね♪

また、お邪魔させて頂きます。
Posted by あやか at 2008年09月06日 12:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。