2008年11月25日

オバマ氏への期待

 何しろ、この100年に一度の
金融恐慌は、米国発サブプライムローンに
端を発しているのは、周知の通りですが
そのわりには、何となく米国の対応が
呑気に見えてしまうのは、私だけでしょうかexclamation&question

 米国民は、オバマ氏に期待をしているようですが
ただ、期待度が数値としてそれほど
まだ見えてこないのは、もちろんまだ
政権が交代したわけではありませんので
当然のことなのでしょうが・・
これだけの、影響があるのだから
もっとしっかりやってちょうだいよダッシュ(走り出すさま)
思うのですどんっ(衝撃)

 結局、お金のバックアップがある時って
強気で出るのは、どこも同じなんだなと・・
人間て、とどのつまりは浅はかな考えしか
できないんだなというのが、今回の私の
思っているところですどんっ(衝撃)
 経済がいい時には、
やれ外国へ侵攻だexclamation×2内政干渉だexclamation×2
米国は、あっちもこっちも
口を出していましたが、
今回のように、そのバックアップがなくなると
ただの負け犬ですよねexclamation×2

 米国もロシアもそうですが、
王道を行きたいのなら、
トップらしく、毅然とした態度で
他国に事を当たっていれば
きっと最悪な事態を回避できたと思うのですぴかぴか(新しい)

 そして、いよいよオバマ氏の大統領就任が
カウントダウンになってきましたが・・
恐らく、この金融恐慌ですから
すぐさま、アップというわけにはいかないでしょうが
それでも、やってもらわないと全世界が
困るんですよねちっ(怒った顔)
 自国から発した世界恐慌の終止符をつけてもらわなければ
どこも納得しないし、米国への信頼も
もう取り戻すことはないでしょうあせあせ(飛び散る汗)
 ただ、米国民にただ一つ言いたいことがありますダッシュ(走り出すさま)
 絶対に、オバマ氏を暗殺するような国に
成り下がってほしくないということだけは
強く言いたいですダッシュ(走り出すさま)

 やはり、世界の経済が発展して
地球環境にもいい政治ができて
何のために人間が生きて生活できるんだという
根幹の部分を、しっかり見据えることができる
すっごいビッグチャンスの瞬間が
やってきたのだと、私は固く信じています黒ハート
posted by みわおばちゃん at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | プチ経済情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。