2010年06月27日

ネズミと鳥

 昨日、久しぶりにブログを書きましたが、
何と言っても、ここ半年いろいろなことが
あって、精神的にもお疲れ様の上
これ以上、運気ダウンするようなことが
あったら嫌だダッシュ(走り出すさま)
思っていたら・・

 少しずつでしたが、良い方向へ
向いてきたのです決定

 いろいろなことがあった中で
私には、この日が来たら、
少し肩の荷を下ろそうと思っていた出来事が
あったので、それを書きますわーい(嬉しい顔)

 実は、小学生の頃、家で十姉妹のツガイを
飼っていたのですが・・
ある真夏に。籠を外に出したまま
忘れてしまったのです・・たらーっ(汗)

 一ヶ月後に、死にました・・

なぜなら、真夏の太陽をモロにあび
くちばしは、変色してしまい
つらかったと思います・・
 
 それが、トラウマみたいになっていたのですが・・

結婚して主人と子供は、
鳥を飼いたがったのですが
私は、鳥を飼いたくなかったのですあせあせ(飛び散る汗)

 しかし、皆が面倒を見るからと言って
庭に、かなり大きな鳥小屋を作り
一番多いときは、十姉妹、セキセイインコ
ウズラなど合わせて、15羽ほどいましたふらふら

 ウズラは、結構大きい声で鳴くし、
セキセイインコは、どんどん子供を産むので
自然に減らすことにしていったのです・・

 そして、とうとう、インコがあと二羽にexclamation×2

トラウマから、そろそろ解放されたくて
早く、寿命が来ないかなと思っていましたちっ(怒った顔)

 私は、動物は好きですよ・・
しかし、もう40年以上もこのトラウマに
悩んできたので、そろそろ解放してexclamation×2
思い続けておりましたところ・・どんっ(衝撃)

 実は、庭にエコのために生ごみを
埋めておりましたら、ある日ネズミが
出没して、その生ごみをあさっているのを
娘たちが発見し、シャメで撮影し
私にメールで送ってきたのですダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

 そして、その夜一羽ネズミに鳥が食べられ
それを気がつかず、次の日に餌をやった時に
鳥小屋の中から気配を感じなかったので
不思議に思ったところ、
最後の二羽目も、どうやらネズミに
持っていかれてしまったようですふらふら

 鳥小屋も、だいぶ古くなってきており
よく見ると、二重にしていた網の一部分が
壊れており、どうもそこから深夜
鳥小屋の中に入って、鳥を持っていって
しまったようです・・あせあせ(飛び散る汗)

 とても、かわいそうなことをしたなと
思うのですが、動物愛護者に文句を
言われるかもしれませんが、
長年の、鳥のトラウマから抜け出せた
気がして、何だかホッとした気がしますむかっ(怒り)

 何とも不思議な感情です黒ハート

その後、長年使用した鳥小屋を
解体し、生ごみを捨てるのをやめたところ
今では、その生ごみから出てきた
かぼちゃが、グングンと大きく成長していますわーい(嬉しい顔)

 娘たちは、そのかぼちゃは
絶対に食べないと言っておりますが、
たくさんの生ごみの栄養を吸って
おいしいと思いますがねえ〜
  どうでしょうかexclamation&question
posted by みわおばちゃん at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。