2011年02月17日

手数料

 私がやっている先物取引の手数料が、
来月から、値上げするとの報告を
担当者のクラシカルAさんから聞きました・・・あせあせ(飛び散る汗)

 クラシカルAさんは、その会社に
所属していますが、社員ではありません・・
説明すると長くなりますので、
簡単に書きますが、先物の取引をする人は
先物取引を許可されている会社に
属して取引をしなければならないようです・・どんっ(衝撃)

 彼の場合は、所属はしているが
屋台を借りているだけ・・といった形・・
契約社員といったほうが、わかりいいでしょうかねえ〜たらーっ(汗)

 しかし、会社が決めたことには
もちろん従わなければいけませんよね。

 取引の手数料を、今まで業界の中では
私がやっている会社は、安くしていたようですが、
他の業界と同じような手数料に
すると今日、決めたとのことでした・・

 インターネットでの取引手数料が
非常に安いので、それも半分やろうかな〜と
クラシカルAさんに相談していたところなので
思わず、金一枚を売買するのに
往復15円抜けなければならないと
聞いた途端、衝撃が走りました・・

 今までは、10円・・
インターネット取引ですと、1〜3円程度・・
やはり、そう考えると
15円は、大きいですね・・ふらふら

 クラシカルAさんとの出会いは
約5年ほど前になりますが・・
その前に取引をやっていた会社の
担当者が、あまりにもいい加減でしたから
彼と出会った時が、衝撃的で強烈でしたのとどんっ(衝撃)
一番最初に、彼に注文を出した時に
「金10枚の買いをお願いします」と言うと
「え・・・自分が買いたいと思っている
半分にしなさい」と
言われたのが、私にとっては
とても衝撃だったのです・・どんっ(衝撃)

 お客さんが、たくさん取引をしたら
儲かるでしょうに、それを半分にしなさい・・って言うんですからね・・
 
 それが、きっかけで
私はクラシカルAさんの、ファンになっていきましたわーい(嬉しい顔)

 それから、クラシカルAさんのことと
先物取引は、きちんとやれば怖くないんだということを書いた本を
自費出版をし・・その後、彼の所属していた
大手の会社は、他社に権利を売却し
私は、別の受け入れ会社に移動・・たらーっ(汗)
その後、今の会社にクラシカルAさんが
所属したというので、またまた私も移動し・・
やっと、落ち着いて2年経とうと思っていたら
またまた、手数料値上げ・・

 今日、そのことで話しあいましたが
私も、だいぶ慣れましたし
正直言って、ド素人の域は脱しているかと
思いますので・・自分でやれって言われたら
できると・・・思います・・exclamation×2

 「僕だったら、手数料10円でも
他に移りますよ・・」と言われてもねえ〜

 冗談を言いながら、楽しく取引をしたり
時には、プライベートな話をしたり
年下なので、ちょっと他の男性には
聞けないようなことを聞いてみたり・・
飲みに行っても、私も彼もお店の人が
驚くくらい、お酒に強いですし・・
だから、多岐にわたって話しも弾むし・・
そういった意味では、いいパートナーに
出会えてよかった・・と思っていたのですが・・
もう、離れたくないのに・・
また、引き裂かれるようなことに
なっちゃうのかな〜と思って・・・
・・ちょっと、ショックでした・・・もうやだ〜(悲しい顔)

 わけのわからずやっていた頃は
手数料が15円でも、別に不思議にも
思いませんでしたけど、
様々なことがわかってきた分と
今は、日限かりでもやることが
増えてきたので、取引回数の増加で
手数料が、馬鹿にならなくなってきたのも
仕方ないのかな〜とは思っていますが・・

 はあ〜何で、
静かに取引できるのが、
長く続かないのでしょうかねえ〜
これもそれも、日本の経済を
建てなおさない、政治家を始め
頭の固いお役人たちがいけないんですよexclamation×2

 一分一秒でも早く、
国の建てなおしてをせんかいexclamation×2って、感じダッシュ(走り出すさま)

 政権争いなんぞ
している時ではありませんぞexclamation×2

posted by みわおばちゃん at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物取引関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186437192

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。