2011年03月06日

金余りの世界

 現在、リビアで紛争がおきて
大変なことになっていますが・・

 リビアの原油のシェアは、
それほどでもないそうですしあせあせ(飛び散る汗)
 このために、原油の供給が
止まるというわけでもないのですが・・

 なぜ、原油の価格が上がっていくのかexclamation&question

 商品の問題ではなく、
つまり、この紛争を題材にしているだけで
どんどん、お金がそこへつぎ込まれ
価格を押し上げていっているようなんですダッシュ(走り出すさま)

 例えば、原油を供給する個所が
ダメージを受けたとか
そのシェアが、生活に影響を
及ぼす程度の規模であったりなどした場合は、
価格が上がっていくのも
仕方ないとは思うのですが・・
ただ、お金をつぎ込んで
価格を上げていくのであれば、
リーマンショックの前に起こった
現象と同じになっていくわけですどんっ(衝撃)

 つまり、本質とは関係なしに
上がりだした価格は
必ず、紛争が終了するなり
何か別の作用が働いた場合は
大きく下落すると読んでいるのです・・
それは、あくまで私の思っているところですがねexclamation×2

 ただ、この上げは
やっぱり、先物取引をやっている
私としましては、
是非、乗れるところまで乗っちゃうぞexclamation×2
いうのが、今の気持ちなのですが
暴走を止めてくれる
担当のクラシカルAさんには
いつも感謝しながら
上手く緩めるところは
緩めて頂いているので
この場を借りて
感謝黒ハート・・でするんるん
posted by みわおばちゃん at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物取引関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。