2008年03月23日

天井と底

 お金の流れが、世界の国境を取り外した今、
グローバルな考えをするのは当然のことですが、
そこは意外と不得意な日本人どんっ(衝撃)・・特に私ですがexclamation×2
 もちろん、プロの方や経済のことをよく勉強している人たちは
そんなことないでしょうが、なかなか海外で起こっている事と
日本が、将来どんな状態で絡んでくるのか
予想をすることは、とても大変ですが、
大切なことなのですー(長音記号2)

 なぜなら、必ず世界全体が同時期景気が良くなることが
無いですよね。貿易黒字が出る国があるとすると
反対の国は貿易赤字・・お金が一か所に流れると
他方には流れない・・・といった具合ですあせあせ(飛び散る汗)
 ただ、世界同時株安なんてことが新聞で掲載されていますが、
それは、一時のことで、株が安くなれば今回は
原油など商品関係が最高値更新でしたよねグッド(上向き矢印)

 さてそこで、週末のテレビニュースなどで
1ドル50円時代が来ると予想をしていましたグッド(上向き矢印)
 そこまで、ドルが落ちるかなとも思いますが、
専門家がおっしゃっていることなので根拠があるのでしょう。
一応、テレビで説明していましたが
これも過去の法則に則ってそうなるんだと予想していましたが、
これが当たったとしたら、過去のデータを読み取るのも
もちろん未来を予想するのに必要不可欠なのだと
再認識するようになると、私の中では思います。
 景気が悪くなればあとは良くなる方向へ傾き、
良ければ永遠に続くことはありませんどんっ(衝撃)
 経済には全く詳しくない私ですが、
経済学者がそんなような法則を語っていたように思います。
天井が来れば、そのあとは下がり、
底を見れば、あとは上がっていく・・あせあせ(飛び散る汗)
 ただ、政治家たちは、その上下を最小限に食い止めようと
努力して、いろいろな経済政策をしてくるわけですむかっ(怒り)

 こういった天井がどこなのか底がどこなのかを
見極めることができて、また将来どうなるかの予測を
立てることができれば、株だろうが投信だろうが
為替相場だろうが先物相場だろうが・・どこに投資しようと
失敗はしないわけですどんっ(衝撃)

 個人投資家でも特に私のような女性は
グローバルに金融や経済を捉えることが苦手ですが、
ちょっと世界のニュースを気にしているだけで
投資への感覚が鍛練されると信じていますexclamation×2
 ちょっとした、情報収集の心得が少しでも
失敗しないための心得になるのではないかと
プロはおっしゃっていますが、どんなに耳で聞いても
実践しなければ役に立たないということになりますよね黒ハート
 「儲かるためには、一に勉強、二に努力、三に情報収集、
四は分析、そして五に度胸」と
私自身は、思っていますわーい(嬉しい顔)

 
posted by みわおばちゃん at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資のチョイ心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。